Welcome to GRAIN MUSIC OFFICIAL WEBSITE — Come on, join us!

  • 最近の投稿
  • Category
Toggle

ABOUT US

Sayo Oyama

Sayo-2大山小夜子

北海道札幌市出身。音楽教師の母の影響で幼少時からオルガン・ピアノを始め、6歳で教会の奏楽を始める。アメリカ留学時には、教会で演奏する傍らピアノやパーカッションで数々の賞を獲得。

1998年にキーボーディストとして参加したゴスペルワークショップがきっかけとなり、ゴスペルディレクターとなる。本格的なゴスペルピアノを弾きながら、テンポよく的確に歌を指導するスタイルが評価され、国内はもとより海外からも招かれて指導している。

2007年にはGRAIN MUSICを設立し、ゴスペルの魅力と感動を伝えるための様々な活動を行っている。

現在、ゴスペルディレクター/クリニシャンとして、6つのクワイアを定期的に指導する他、クリニックとして単発的に他のクワイアの指導者と協力しクワイア/バンド/ディレクターのブラッシュアップを行ったり、ゴスペルワークショップを行っている。
またピアニストとして、東京を拠点に活躍するゴスペルシンガー遠谷政史とのゴスペルユニット「PAUSA」を2013年に結成、これまでにCDを2枚リリースし、日本各地でライブを行っている。

1998年 2月 札幌で初めて行なわれたブラック・ゴスペル・ワークショップにキーボード奏者として参加。日本のゴスペルの第一人者Ronnie Ruckerに出会い、ブラック・ゴスペルの生の世界に初めて触れる
7月 上記ワークショップを機にゴスペルクワイアOViC(One Voice in Christ)が結成され、ミュージック/クワイアディレクターとなる
同月 タンバリンズのメンバーとしてピアノ、ソングライティング、アレンジを担当し、CD「The Tambourines」を制作
2000〜2003年 7月 アメリカ最大のゴスペル・ワークショップGMWA(Gospel Music Workshop of America)に参加、アメリカのGMWAスタッフに推薦され、GMWAマスクワイアのセクションリーダーのひとりに選出される(日本人として初)
2004年 1月 OViCがアメリカより招待され、New Jerseyで公演を行う
2007年 アメリカの実力派ゴスペルグループProvenanceよりクワイア・ディレクターとして招かれ、ライブ&レコーディング「PMG & Friends LIVE at SOPAC」に参加
2008年 6月 米国のグラミー賞受賞ゴスペル・シンガーCece Winans来日に伴い結成された日本人特別クワイアのディレクターとして指導し、オーチャードホールで共演
10月 タンバリンズCD「あなたがしてくれたこと」リリース、道内外でのライブを行う
2009年 5月 アメリカのグラミー賞受賞ゴスペル・シンガーであるDonnie McClurkin牧師が東京で行ったワークショップで、日本人講師としてレビュータイムを担当
12月 Do!Gospel Workshopとして、ゴスペルブームの火付け役となった映画「天使にラブソングを」のモデルであるIris Stevenson師を招いたワークショップを行う
2010年 8月 スペインより招かれ、ワークショップでヨーロッパ各国から集まった参加者を指導し、コンサートも行う
2011年 6月 タンバリンズのメンバーとして世の光ラリーで北海道内9つの都市で公演を行う
10月 GRAIN MUSICでIris Stevenson & Crenshaw Elite Choirを招いて札幌と釧路でコンサートを行う
12月 タンバリンズCD「コンピレーション1998-2008」(今まで発表した2枚のCDを1枚にしたもの)をリリース
2012年 タンバリンズのメンバー3人それぞれに活動の道が与えられ、タンバリンズとしての活動が事実上休止となる
12月 Iris Stevenson & Crenshaw Elite Choirの韓国ツアーにキーボーディストとして参加する
2013年 3月 発足から15年間もの間、音楽ディレクターとして心血を注いできたゴスペル・クワイアOViCが、その歴史に幕を閉じる
6月 スペインとフィンランドから招かれ、クワイア指導や学校、教会などでのワークショップ、コンサートを行う
11月 ゴスペルユニットPAUSA(パウザ)を結成、活動を始める
 2014年 1月 PAUSAファーストミニアルバム「Unconditional Love」をリリース、ファーストライブを札幌くうで行う
その後、北海道や関東エリアでライブ活動を開始
 2015年 5月 PAUSAセカンドアルバム「OPEN YOUR DOOR」をリリース
7月 Sapporo City Jazz パークジャズライブコンテストのファイナリスト(300組以上の中から10組選出)としてPAUSAが選ばれ演奏
9月~10月 PAUSA「OPEN YOUR DOOR TOUR 2015」を行う
 2016年 5月〜6月 PAUSAとして渡米、ニューヨークとロサンゼルスのライブハウスと黒人教会で演奏し好評を博す
8月 20代を対象としたYouth&Young Adult Gospel Choir『Praiz n Praiz PROJECT』を発足し短期ワークショップ&ライブを行う
12月 再びIris Stevenson師を招いて、北海道札幌市で3日間に渡るゴスペルワークショップを行う
Return Top